Loading...

ウエルシアの強み

現在(2017年8月末時点)、ウエルシアの調剤併設店舗は1052店舗、併設率は69.6%と業界最高水準。月間1,000枚以上の処方箋を応需している店舗数は293店舗。ドラッグ業界1位の数字を誇ります。 今後も歩みを止めることなく、地域の身近な医療機関として、より多くのお客様、患者様の健康を支えることのできるよう、全店舗の調剤併設化を目指して、積極的に推進していきます。
高齢化が進むにつれて増えてきた、通院が難しい高齢者の方にも貢献したい。そんな想いから、安心してご自宅や住み慣れた地域でも、医療を受けられるよう在宅医療にも力を入れているウエルシア。医療機関や訪問看護ステーション、高齢者施設とも連携し、主治医と共にご自宅を訪問して服薬指導を行なうだけでなく、無菌調剤室を設置することで、より高度な在宅調剤にも対応しています。
市販薬の購入を後押しする税制が導入され、国も推進していく方向にあるセルフメディケーション。調剤併設率を上げ、より専門性の高い知識によるカウンセリングを提供できるよう、体制を整えております。店頭での簡易血液検査室の設置率の向上などにより、幅広くお客様の健康の悩みを解決していけるようお手伝いをしています。
お客様の利便性を考えた店舗展開は、24時間営業店舗の拡大だけではありません。限界集落や僻地の買い物弱者への宅配事業、コスメも取り扱う都市型店舗B.B.ONによる働く女性のサポートまで。各地のニーズに合わせた店舗展開を通じて、地域のインフラとしての役割を担っています。
迫りくる2025年問題、日本国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上になる中、様々な問題が地域で勃興します。ウエルカフェを情報交換・提供の場として活用し、地域社会における諸課題を、地域に暮らす人々で解決していけるよう提案していきます。