Loading...

ウエルシアの強み

ウエルシアの売上高はドラッグストアトップクラスの6,231億円※。売上だけでなく、ドラッグストアの本分であるお客様の健康サポートに向き合ってきた結果、医薬品構成比も36.4%※と、業界最高水準を維持しています。この数字をさらに伸ばしていけるよう、日々成長を続けています。 ※2017年10月1日現在
ウエルシアの店舗運営の特徴、それは「自律型マネジメント」です。 本部指示だけでなく、店舗主導での店舗づくりが実践可能。お客様に一番身近な従業員ひとり一人のアイディアが重要視されています。店舗ごとの裁量で、客層や地域性に合わせた売場・品揃えを実現し、地域になくてはならない店舗を作り上げています。
地域とともに発展を目指すウエルシアは、生活者が必要としていることを敏感に察知し、サービスに反映しています。限界集落への宅配事業や、病院・介護施設との連携もその一つ。店舗内のコミュニティスペース「ウエルカフェ」を設け、地域交流を活性化させるなど、今まで以上に地域に合わせた店舗づくりで、オンリーワンのドラッグストアを目指します。
ウエルシアが目指すのは、健康から美容・介護まで、年代を問わず幅広いサポートを行う「トータルヘルスケア」。薬・美容・栄養の各種専門家を配置し、地域で一番身近な「健康相談窓口」としての機能を高めています。住み慣れた土地で安心して暮らせるよう、質の高いサービスを提供します。
超高齢社会を支えるドラッグストアとして「食を通じた健康」をテーマにした商品開発に取り組んでいます。普段の食生活の中で、健康の維持・増進に繋がるような価値のある商品を提案しています。 例えば、淡路島産の玉ねぎを使用したハンバーグ、産官学共同開発で茶カテキンに着目し、開発した緑茶アイス、糖質を抑えたクロワッサンなど。今後も健康に寄与する新たな価値を創造し、提案していきます。