Loading...

社員の声

森川 奈津子
2004年入社
財務経理本部  

      家庭と職場。2つの居場所がより人生を豊かにしてくれる。

私は産休・育休を経て、育児時短社員として勤務しており、現在では資金管理部にて、主に経費の精算や現金出納、銀行との取次業務等を行っています。子供を授かった当時は、店舗で化粧品担当として勤務していました。産休まで働く予定でしたが、体調が優れないこともあり、当時の店長に退職を申し出ました。しかし、店長がここで辞めるのはもったいない、産休育休の制度もあるのだからと引き止めて下さり、周りの方も「お店は大丈夫だから無事に出産して戻ってきてね」と言ってくれたのです。従業員・会社にも支えられ、無事に出産することができました。一方でいくつかの不安もありました。それは復職するにあたり、保育園に入れるのかということです。当時は待機児童のニュースも頻繁にやっていましたし…。ただ私の場合は無事、市役所から保育園内定通知がきました。ほっとしたことを今でも鮮明に覚えています。最近ではウエルシアにも社員向けの保育園もできたりしていますが、働くママにとっては大変ありがいことだと思います。また育児と仕事の両立にも不安がありました。ただ、当時の店長が日曜を固定休にしてくれたり、一緒に働く薬剤師やパートの方もお子さんがいる方が多く、子育ての相談がしやすい環境だったこともありがたかったです。「子供が薬をうまく飲めなくて」等と話すと、「『お薬飲めたね』が便利だよ」と教えてくれて、買って帰ったり。ドラッグストアに勤めていて良かったと思いました。仕事と子育ての両立は大変だ、というマイナスなイメージがつきがちですが、仕事も子育てもとても楽しくてやりがいがあります。どちらかをあきらめる必要はないと思います。自分の居場所が、家庭にも職場にもあるということはとても心強いですよ。

Career Flow

  • 2004年 入社
  • 2010年 出産
  • 2011年 復職
  • 2014年 財務経理本部へ異動